101125-MK-JR1-3A15
PT850 DIA NEC
Thanksgiving day
感謝祭


11月の第4木曜日
コロンブスがアメリカ大陸に到着してから、ヨーロッパ諸国は、アメリカ大陸を「新世界」と呼び、植民地計画を進めていった。当時、宗教改革の嵐が吹き荒れていたイギリスでは、
分離派のピューリタンが、国教会の弾圧を逃れてオランダに亡命していた。しかし、生活苦に悩まされた彼らは、信仰に基づいて自由に生活できる地を求め、
アメリカ大陸に渡ることを決意。ピルグリム・ファーザーズ(Pilgrim Fathers)と呼ばれた彼らは、メイフラワー号(Mayflower)で1620年の冬、マサチューセッツ州のプリマスに到着する。
だが、寒さと食糧不足のため、102人いた彼らのうち半分以上が死んでしまった。残った者は、先住民であるインディアンから狩猟や農耕を学び、春と夏を必死で働いた。
そして、収穫の秋がやってきた。収穫を喜び、神に感謝をするため、彼らは集い、会食を催した。その席に、彼らの恩人でもあるインディアンも招かれ、七面鳥やかぼちゃなどを食べ、
神に感謝を捧げた。これが、現在のThanksgivingの始まりである。

明日もより好い日でありますように。 Let's, Have a good dream, tonight ! Oyasumi nasai