ヴィアトル ホテル Hotel Viator - Paris Gare de Lyon
平群町・長屋親王陵墓
   
070318
被葬者:長屋王(天武天皇皇孫)
墓  名:長屋王墓(ながやのおおきみのはか) 墓  形:円墳
所在地:奈良県生駒郡平群町梨本 最寄駅:平群駅(近鉄生駒線)平群駅の北方。近くに妃の吉備内親王墓。

長屋王(ナガヤ) ・生没年:天武天皇13(684)年〜神亀6(729)年  ・続  柄:(父)高市皇子、(母)御名部皇女
天武天皇の皇子と天智天皇の皇女の子という嫡流に近い立場であったこともあり、20歳の頃には正四位下に叙された。その後も従三位、式部卿、
正三位等異例の早期出世を遂げ、叔父の舎人親王等皇親と共に、当時の政界の中心であった藤原不比等と拮抗する実力を有した。
左大臣石上麻呂が逝去すると大納言となり、最終的には正二位左大臣まで昇った。この期間には「三世一身法」等を施行し、土地制度を整備していった。
不比等が逝去すると長屋王の権勢は強まったが、これが不比等の子である武智麻呂、宇合、房前、麻呂(通称藤原四子)等の反発を受けることになる。
この様な中、謀反の密告を受けた宇合軍に邸宅を包囲され、藤原氏側に傾いていた舎人親王等の糾問を受け、結局妃の吉備内親王等と共に自害した。
(長屋王の変)享年45歳。 長屋王薨去後に藤原四子が天然痘により相次いで逝去したため、長屋王の呪と噂された。
点字ブロックの日
視覚障害者の安全な歩行を助ける点字ブロック。この点字ブロックが世界で初めて
岡山県立岡山盲学校に近い交差点に敷設されたのが1967年3月18日のこと。
その日を記念し、点字ブロックの安全性の確保と発展を目指して
社会福祉法人・岡山県視覚障害者協会が制定。

明日もより好い日でありますように。 Let's, Have a good dream, tonight ! Oyasumi nasai